自動車保険ってどんな保険?

自動車保険の補償は3つの補償があります

①車内の人のための補償(人身傷害)

運転していた方、同乗者の方が事故で怪我を負ってしまった場合の治療費などの補償です。
この人身傷害には「車内のみ」の補償と「車内+車外補償」とがあります。
車外も補償の範囲とすることで、ご契約のお車以外の運転時やタクシーに乗っている場合、歩行中や自転車の運転中などに事故にあってしまう場合にも補償されます。

ここで気をつけたいのが車外補償の範囲!
自分が怪我をさせてしまった側だった場合に、適用されない補償範囲のものもあります。自転車に乗っていて相手に怪我をさせてしまった場合などを想定する際には、この補償範囲に気をつけましょう!

保険料をお安くする場合には、範囲を絞った「車内のみ」がおすすめ
補償範囲が狭くなればその分保険料はお安くすみます。
車外での補償が必要かどうか、ご自身の生活を考えて判断しましょう。

②相手方のための補償

  • 対人賠償

    相手を死傷させてしまった場合の治療費や慰謝料などの補償です。
    自動車保険の基本となる対人補償については基本的に無制限にしましょう。
    近年、高額判決例が多く出ていることもあります。万が一のときに備えるための保険で、万が一の場合に役に立たないものだと本末転倒! 必要なものはしっかりと補償しておきましょう。

  • 対物賠償

    対物賠償は他人の車やモノを壊してしまった場合の修理費などの補償です。
    対物賠償は2,000~3,000万円で十分といわれることもありますが、無制限の場合と比べても実は保険料はあまり変わりません。
    各社商品によって保険料が異なるため、対物無制限と2,000万円とで料金を見比べ、ご自身にあった内容を選びましょう。

③自分の車のための補償(車両保険)

ご自身のお車への補償です。
通常、相手車両との交通事故(物損事故)の場合は、その過失割合(事故を起こした落ち度)によって双方にかかる車の修理費などを負担することになります。
相手方には対物賠償として保険金が支払われますが、ご自身のお車の過失割合分の修理費などは、この車両保険に加入されていないと、自己負担となってしまいます。
ご自身のお車が新車の場合、高級車にお乗りになっている場合に車両補償をおつけになる方が多数。
保険料と契約車を見て検討しましょう。

④保険会社ごとに特約は様々!

基本補償に特約をプラスしていくことで、車の事故以外での賠償金の補償や事故時のレンタカー代補償など、万が一のときの安心感を更にUPさせることができます。また運転される方の年齢や免許証の色でも割引が適用されることも。
特約は任意です。ご自身の生活にあった特約を選びましょう。

お悩みポイント

いろいろ保険会社があるけど、結局どこも一緒じゃないの?

保険会社によって、特色は様々!
補償範囲はもちろんですが、付帯できる特約など保険会社ごとで内容が異なる部分もございます。
そんな時こそ、我々LIFEBOXの出番! 是非お気軽にご相談ください。

人身傷害補償と搭乗者傷害補償の違いは?

どちらもご契約のお車に搭乗中のご自身や搭乗者の方が、自動車事故により怪我をした場合や死亡、後遺症を被った場合に補償されるものですが、その金額の計算方法やカバーする補償の範囲が異なります。
人身傷害補償→治療費や精神的損害など、実際の損害に対して過失割合にかかわらず、保険金額を限度に補償される
搭乗者傷害補償→車に搭乗中の方が事故により傷害を被られた場合に、医療保険金を定額で補償される
補償の範囲や、どういった時に補償されるか?は非常に難しい所。ご不明な点があれば何でもご相談ください!

自賠責保険と任意保険、両方入らないとだめなの?

自賠責保険は強制保険ともいわれるもので、加入しなければならない保険です。
補償の範囲は事故時の相手の方への傷害に対する補償のみとなっており、相手の車やモノに対する補償はありません。
一方、任意保険はその名の通り、加入はご自身の任意で決められます。強制保険で補えきれない相手方への補償、ご自身の車への補償など、実際の負担内容に併せてカバーできる保険です。
万が一事故が起きてしまった場合、自賠責では補えきれないのがほとんど。加入されることをオススメします。

最近水害なんかで水没したってニュースも多いけど、それも補償されるの?

車両補償を付帯している場合には、水没してしまったお車に対しても補償が受けられます。
昨今台風の影響などでご不安になるシーンが増えてきました。保険とはそうした災害や万が一に備えるもの。
ご不安な点があれば、是非一度ご相談にいらしてください。

他にも一日保険ってどう選べばいいの?
免許取り立てだけど保障はどこまで付ける??とか
悩みがたくさんあるよー。。。

一人で悩まなくても大丈夫!
何度でも無料で相談できるのがLIFEBOXです!
わかりやすくお伝えします!

LIFEBOXの無料保険相談はここが安心!

POINT1

複数の保険会社を取り扱い!

三井住友海上火災保険株式会社

楽天損保

セコム損害保険株式会社

など複数社

POINT2

相談のみでも全然OK!

提案お断りOK

話を聞きたいだけ、質問したいだけももちろんOK!情報収集だけのご利用も大歓迎です♪

私たちにお任せください!

LIFEBOXの2種類の保険相談スタイル。
あなたに合った相談スタイルは?

かんたん保険相談
について見る
最短10分!
サクッと相談したい方
じっくり保険相談
について見る
ライフプランも併せて
じっくり相談したい方

お近くのライフボックスはこちら

お近くの店舗を探す

わからないこと・
ご相談したいことがあれば
お気軽にお電話下さい!

代表電話

092-791-5371

押すと電話がかかります

このHPは保険の特徴を説明したものです。詳細はご契約のしおり(約款)をご覧ください

承認番号:B18-102093
使用期限:2019年12月25月